長年、薄毛が原因で外出先などで人目を気にしたり、肩身の狭い思いをしているそこの貴方。そろそろ卒業しても良い頃合ではないでしょうか?近年は優秀な治療法や治療薬がありますので、思い悩むよりもラクに増毛や育毛が出来る時代になりました。

AGAで悩む男性

AGAの症状は髪型と豚のレバーで対策を

AGAの症状が進行してきた場合は、クリニックなどの医療機関で治療を受けるのも大切なことですが、治療する期間は短くとも半年以上の期間が必要となるので、治療を受けつつも髪型や食生活についても見直していくと、治療効果が高まります。
髪型については、AGAにかかると頭頂部やおでこの生え際が薄くなるので、まだ生えている側頭部や後頭部の髪の毛を伸ばして髪の毛が薄くなっている部分を隠したくなってしまいますが、それはかえって逆効果です。
側頭部や後頭部の髪の毛を伸ばすと頭全体に整髪剤を付けざるを得なくなり、髪の毛が薄くなっている部分に整髪剤を付けすぎると髪の毛が引っ張られて負担がかかってしまいます。
また、サイドや後頭部の髪の毛にボリュームがあると、髪の毛が薄くなっている部分のボリューム不足がかえって目立ってしまい、落ち武者のようになってしまいます。
出来ればサイドや後頭部はすっきり刈り上げて、難しければ短めにカットします。
そうすれば、整髪剤を使う量も必要最低限で良く、髪の毛が薄くなっている部分にも負担がかかりません。
食生活については亜鉛がAGAの原因となるジヒドロテストステロンというホルモンの分泌を抑えてくれる働きをするために、亜鉛を豊富に含んだ食材を積極的に摂取する必要があります。
亜鉛といえば牡蠣が有名ですが、春や夏のシーズンにはなかなか摂りにくい食材ですので、豚のレバーや牛肉など他の亜鉛を豊富に含んだ食材を上手に組み合わせて毎日の献立を考える必要があります。
また、過度な飲酒は肝臓がアルコールを分解するときに、亜鉛の成分をたくさん消費してしまうので、AGAを治療しているときには、できるだけ控える必要があります。